★イルミネーションスポット紹介★




※クリックすると全体を表示します

ヒカリ タイムスリップ−
未来へ受け継いでいきたい鳥取の伝統産業「絣」や祭りを“光”で表現。
さらに「絣」が栄えた江戸時代から未来まで、各時代を象徴する“灯り”も“光”であらわしています。

(1)ナイトジュラシック 場所: 西館テラス


夜の恐竜パークへタイムスリップ?!輝く恐竜たちに会いに行こう♪
※花火見えます


(2)未来へつながる橋  場所:プロムナード橋

未来へ導く光の滑走路。光が音楽に合わせて流れるように点灯します。
※花火見えます

(3)Kasuri illumination 未来から過去 過去から未来へ
  場所:フラワードーム




高さ21mのデジタルタワーによる光と音のショーを実施!17時30分〜21時
(最先端のデジタル技術により、音楽と光が連動した約3分間のショーを10分おきに繰り返します)
鳥取県の伝統産業・絣の糸や多様な模様を表現。音楽に合わせて光が糸のようにきらめき特別な世界を織りなします。
@秋シーンAクリスマスシーンB冬シーン と期間中に内容が3回変化!
※ドーム内から花火の観賞は難しいですが、ドーム西側(プロムナード橋側)の自動ドアを出て
 右にある芝生のエリアからはご覧いただけます。
花火の写真は過去の様子です。


(4)光の絣壁  場所:南館通り

光の壁に草花の模様が投影されて、絣の織物が表現されます。

(5)しゃんしゃん傘庭園  場所:霧の庭園

鳥取しゃんしゃん祭の踊り傘の模様が巨大な光絵となって輝きます。展望回廊から見るのがオススメ。

(6)アーケードの光  場所:東館通り

昭和時代のアーケードをイメージした、ゴールドに輝く光の並木道。

(7)ネオンの光  場所:ヨーロピアンガーデン


左右対称のクラシックな庭園に、昭和時代のネオンのような華やかな光が溢れます。
※花火を見るならここがオススメ!一番間近できれいにご覧いただけます

(8)すずらん灯の通り  場所:クリスタルロード


大正時代のすずらん灯をイメージ。懐かしさを感じる光の原風景が、まっすぐのびてタイムトンネルのよう。
※花火見えます(屋根あり。雨や雪の日にオススメ) 写真は過去の様子です

(9)ガス灯の光 場所:花の谷

明治時代のガス灯をイメージした暖かい光が池の水面に。展望回廊から見下ろすのがオススメです。

(10)ろうそくの灯り  場所:水上花壇

揺らぐろうそくの灯のように、柔らかい光がこぼれます。

(11)淡紅藤色の灯り  場所:ハーブガーデン

樹木が江戸時代の絣の流行色をまとい、粋な空間に。
※花火見えます(香りの広場側)

★隣の「香りの広場」には巨大なリースの写真スポットがあります。(回廊のトンネル抜けると目の前に登場!)

(12)傘灯りのフォトスポット  場所:展望回廊

因州和紙を使用して作られた伝統的な踊り傘が、光の中に浮かび上がります。

(13)時代をつなぐ光の輪  場所:展望回廊

1周1kmの回廊が、絣の文様のように無限につながる光の輪となります。
※花火見えます(一部を除く。西館付近、水上花壇付近、花の谷付近の回廊からがオススメ!)

★おまけ★
北館4階「展望休憩所」の中からも、外のテラスからも花火が楽しめます。


関連HP
掲載者
Counter:03146
 

facebook

twitter

PAGE