全国商工会青年部連合会
border=0

平成24年度中国・四国ブロック商工会青年部交流会(鳥取大会)レポート (香川県青連会長 田中達也)
去る9月8日、鳥取県「とりぎん文化会館」にて、平成24年度 中国・四国ブロック商工会青年部交流会(鳥取大会)が、中四国9県から計510名の部員が参加し、盛大に開催されました。

本体会のテーマは 【翼】〜明日へ 夢と希望をのせて〜

(鳥取県青連おそろいのポロシャツ)

例によって、伊豆田ブロック会長の含蓄に富んだ、やや長めの挨拶から、会は始まります。

(伊豆田会長)

主張発表大会では、各県の代表9名が熱弁を振るいました。さすが県予選を勝ち抜いた猛者たちだけあって、それぞれに強みがあります。甲乙つけがたく、ほぼ粗探しに近い審査の結果、最優秀賞には鳥取県日南町商工会青年部の増田雅広さん、そして優秀賞は岡山県の寺田羊佑さんが選ばれました。
増田さん、2月の全国大会では、開催ブロック選出の代表として頑張ってください。

(鳥取県 増田雅広さん)

(岡山県 寺田羊佑さん)

記念公園では、地元鳥取県出身の株式会社ガイナックス プロデューサー 赤井孝美氏にご講演いただきました。青年部員世代にドンピシャの「エヴァンゲリオン」「逆襲のシャア」など、多くの人気アニメに関わった会社の話とあって、いつも以上に集中して聞いていたように見えました。
地元米子市で開催している「米子映画事変」などの地域活性化事例を交えた有意義な講演となりました。

(株式会社ガイナックス プロデューサー 赤井孝美氏)

翌日9月9日はスポーツ交流会です。種目は…グランドゴルフ!?
なんと鳥取県は、グランドゴルフ発祥の地だそうです。初めてグランドゴルフが行われたという「潮風の丘とまり」で開催されました。

グランドゴルフ、正直なめてました。部員からは「なんで普通のゴルフじゃないんだ」とブーイングの嵐で、メンバーを集めるのに苦労し、皆がほぼ義務感で参加していたのですが...実際やってみると、すごく面白いじゃないですか。
結局きっちり盛り上がりました。高井会長、ごめんなさい!






さて、来年は香川県開催です。
しっかりと志を受け継ぎ、有意義な大会にしたいと思います。

(香川県青連会長 田中達也)
掲載全青連メールマガジン2012.10月号
Counter:01941