岡空小児科医院
おしらせ 感染症情報 先生あのね 院長の部屋 医院案内 診察案内 院長挨拶 交通 お問合せ さくいん
▲おしらせ
おしらせ おしらせ
岡空小児科医院からのおしらせ・最新の情報・ニュースなど

HPVワクチンを受けましょう
 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の接種を、横浜市青葉区医師会は積極的に推奨する声明を出しました。 副作用など全然心配入りません。 中学生になったら、HPVワクチン接種をお薦めします。


 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の接種を、横浜市青葉区医師会は積極的に推奨する声明を出しました。 HPVワクチンは、中学校1年(厳密には小学校6年生)から高校1年生相当まで、市の助成金を受けて接種することができます。 当院では自費接種の場合、ワクチン1回あたり16000円であり、3回分で48000円がかかりますが、助成金対象の方は全額無料でワクチンを受けられます。
 HPVワクチンには「サーバリックス®」と「ガーダシル®」がありますが、いずれも接種開始してから通常6か月後に3回目の接種を行います。
 子宮頸がんは、誰もが罹る可能性のあるHPV(ヒトパピローマウィルス)が原因です。 HPVに感染して、子宮頸がんになったり、前がん病変である異形成になった方は皆さん、ワクチンを打っておけば良かったと話します。 子宮頸がんは発見が遅くなると子宮は取らなければならず、妊娠もできなくなってしまいます。
 将来の自分のために、HPVワクチンを接種してください。 また大切なお嬢さんの将来を考えて、保護者の方はワクチン接種を受けさせて下さい。
 HPVワクチンについては、子宮頸がんになるのは怖いけど、ワクチンの健康被害についても心配している方がほとんどです。 ワクチン接種について、診察室での相談も受けていますので、遠慮無く受診して下さい。
width=1
width=1
width=1
width=1

width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1

関連HP
掲載者
Counter:00107
TEL0859-47-1234 FAX0859-44-2001 お問い合わせはこちら
〒684-0003 鳥取県境港市浜ノ町127番地 岡空小児科医院 ホームへもどる