岡空小児科医院
おしらせ 感染症情報 先生あのね 院長の部屋 医院案内 診察案内 院長挨拶 交通 お問合せ さくいん
▲おしらせ
おしらせ おしらせ
岡空小児科医院からのおしらせ・最新の情報・ニュースなど

日本脳炎2期接種再開
 日本脳炎の第2期定期接種を再開します! 9〜12歳の方は至急お問い合わせ下さい!


日本脳炎の第2期定期接種を再開します!
日本脳炎の定期接種に関する国の法令が8月27日、以下のように変更されました。
(1)第2期定期接種が再開されました。
 対象年齢:9歳〜12歳  回数:1回
(2)第1期定期接種(計3回)が完了してない人は、当分の間、9歳〜12歳(第2期の年齢)で、残りの回数を定期接種として受けることができます。
 接種を希望するときは、母子健康手帳を必ず提示してください。
 * 7歳6か月〜8歳の人は、9歳になれば定期接種の対象になります。
 * 13歳以上の人は今回の改正の対象ではありません。
width=1

日本脳炎ワクチンについて
 ■ 2009年6月2日より、1期(3歳〜7歳6ヶ月未満)を対象に新型の日本脳炎ワクチンが開始されました。
 ■ 2010年4月1日から、3才になった児に対しては接種するように「国としても積極的な勧奨をする」ことになりました。
 ■ 2010年8月27日から、2期の接種に対して新型ワクチンが使用可能になりました。
 ■ 2010年8月27日から、接種勧奨差し替えがあったことに伴う救済措置が導入されました。

【通常の接種】
 ◆ 1期(3歳〜7歳6ヶ月未満)の方
→新型のワクチンをご希望であれば、普通の予防注射(三種混合、MRワクチンなど)と同じように予約をとっていらしてください。 1期の途中まで従来型で行った場合でも途中から新型にしてもかまいません。
 ◆ 2期(9歳〜13歳未満)の方
→2010年8月27日より、2期で新型ワクチンの使用が認められました。 ただし、下記にも関係しますが、13歳までですので13歳の誕生日が近い人は必ず誕生日までに接種して下さい。
→すでに13歳になってしまったため、2期の接種ができなかった人への救済措置はありません。 確かに勧奨がストップしていた時期に2期の年齢(9〜12歳)だった人にはお気の毒ですが、公費負担で13歳以上の方が、日本脳炎2期を受ける道は「今のところ」閉ざされています。

【救済措置】
 ◆ 2010年3月31日までに1期の接種を2回しか受けていなくて7歳6ヶ月を過ぎてしまった人
→2期の期間に、あと2回受けることができます。 7歳6ヶ月〜9歳未満では受けられません。
 ◆ 2010年3月31日までに1期の接種を1回しか受けていなくて7歳6ヶ月を過ぎてしまった人
→2期の期間に、あと3回受けることができます。 7歳6ヶ月〜9歳未満では受けられません。
 ◆ 2010年3月31日までに1期の接種を全く受けていなくて7歳6ヶ月を過ぎてしまった人
→2期の期間に4回接種を受けることができます。
width=1

よくある質問 Q/A

Q1:なぜ2010年3月31日までの接種回数で救済措置が決まるのですか? 例えば2010年3月31日までに1期の接種を2回終了し、4月以降に3回目を接種した場合はどうなるのですか?
A1:なぜ2010年3月31日を基準にするのかはよくわかりませんが、上記のような場合は、省令では2期の期間にあと2回も接種でき、合計5回接種できるということになります。 わけがわかりませんね。 当院では理解不能なので、市役所の子育て支援課に聞いてください。 上記の場合は実際には2期を1回接種すればそれでいいと思うのですが・・・?

Q2:なぜ7歳6ヶ月から9歳未満は対象外なのですか?
A2:予防接種法に決められた期間の中に入れないと、定期接種と認めないというお役所的な考え方からの発想でしょう。 法令改正をせずに何とかしようとしたのでしょう。 もちろん、任意接種として公費負担で行うという方法もあるなのですが、何かあったときの補償が違うということや境港市の立場でいえば予算の出所が違うので、一緒にしにくいのかもしれませんね。 日本脳炎にはたまたま2期という次の定期接種の時期があっただけのことで、1期を逃してしまった方にはすぐにでも接種機会を提供し、副作用があったときの補償も定期の期間に接種するのと同じにするのが当たり前です。 2期を使えば法律をいじらないで済むなどという姑息なことを思いついたのが誰なのかは知りませんが、こういうことだけはよく考えつくなあと感心します。 2期まで待つのがいいという意味は全くないのですが、いずれにしても、行政側の事情です。 多くの小児科医がこんなことになるとは予想もしていませんでした。 本当に困ったことです。

Q3:なぜ2期を逃した13歳になった人は救済措置からはずれているのですか?
A3:わかりません。 その頃になれば、忙しいからあきらめるだろうと思っているんじゃないでしょうか。 これじゃあ国が追加接種は必要ないと「予防接種法を勝手に変更した」と同じことですね。 ただ、13歳、14歳の人にとっては追加免疫ですから急ぐ必要はないので、多くの国民の声があれば救済措置の追加ということも全く無いわけではないと思います。

Q4:日本脳炎の2期に新型ワクチンが使われていなかったのは、1期は従来型で接種した人に2期に新型を使ってよいかどうか安全性がはっきりしていないから認められていなかったのではないのですか? その点は大丈夫なのですか?
A4:もともと2期の人にPRするとワクチンが足りなくなるから、便法としてそのように理屈をつけて説明していただけだと思います。(←たぶん) 1期の人でも途中から新型に変えてはいけないというような話も厚生労働省からはありましたが、あまりに屁理屈なので境港市では1期でもその通達は無視していました。 厳格に守っていた市町村もありましたが、多くの市町村の現場判断で1期の途中から新型ワクチンを接種するということはこれまでもしてきました。 2期の年齢の人に新型ワクチンをしてみて大丈夫だったという試験をしたという話もありますが、それは変な理屈をつけて2期の新型接種を認めていなかったので、儀式的にやった試験だろうと思います。 ですから、そのことはあまり気にする必要はないと思います。
width=1

日本脳炎救済措置の実際

接種時の年齢が9〜12歳であることが必要条件
1期の接種回数によって分類
(1)0回または不明の接種  残り4回接種
1期初回@  
1期初回A 1〜4週間あけて
1期初回追加 おおむね1年後
2期 12歳頃

(2)1回だけの接種  残り3回接種
1期初回A 
1期追加 1〜4週間あけて
2期 おおむね1年後

(3)2回だけ接種 残り2回接種
1期追加
2期 1〜4週間あけて
width=1

width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1

関連HP
掲載者
Counter:86696
TEL0859-47-1234 FAX0859-44-2001 お問い合わせはこちら
〒684-0003 鳥取県境港市浜ノ町127番地 岡空小児科医院 ホームへもどる