岡空小児科医院
おしらせ 感染症情報 先生あのね 院長の部屋 医院案内 診察案内 院長挨拶 交通 お問合せ さくいん
▲おしらせ
おしらせ おしらせ
岡空小児科医院からのおしらせ・最新の情報・ニュースなど

季節性インフルエンザワクチン接種のお知らせ
  毎年、インフルエンザワクチンの供給不足が予測されています。 今年は新型コロナウイルスワクチン接種があり、インフルエンザワクチン接種を10月から始めるのは難しくなりました。 当院では11月1日からインフルエンザワクチン接種を始めます。 


 季節性インフルエンザワクチンのご案内   岡空小児科医院

 毎年、インフルエンザワクチンの供給不足が予測されています。 今年は新型コロナウイルスワクチン接種があり、インフルエンザワクチン接種を10月から始めるのは難しくなりました。 当院では11月1日からインフルエンザワクチン接種を始めます。 
 インフルエンザは毎年冬には必ず流行するかぜの親玉です。 以前、勤務していた鳥取大学附属病院や鳥取県立中央病院では、毎年インフルエンザが重くなって、肺炎、熱性けいれん、中耳炎などをおこし入院される方がありました。 中には脳炎、脳症、ライ症候群になり、不幸な結果になられた方もございました。 これらの方のほとんどは、インフルエンザワクチンを受けておられませんでした。 最近の調査ではインフルエンザによる脳炎、脳症あるいはライ症候群で亡くなるか、後遺症を残す事例は小児だけでも日本全体で毎年、数10例あると集計されています。
2015年から4価(A型B型ともに2種類)になり、抗原が増量されています。 今年の製造株は以下です。
A/ビクトリア/1/2020(IVR-217)(H1N1)
A/タスマニア/503/2020(IVR-221)(H3N2)
B/プーケット/3073/2013(山形系統)
B/ビクトリア/705/2018(BVR-11)(ビクトリア系統)  

接種対象者と接種量および接種回数は下記です。
(1)生後6ヵ月以上のすべての方が接種対象です。 6ヵ月未満の乳児は接種できません。
(2)生後6ヵ月から1歳未満の乳児は接種可能ですが、抗体の上昇が芳しくない場合もありうることを、ご承知おきください。 接種量は0.25ml、接種回数は2回です。
(3)1歳から3歳未満の幼児は接種量0.25ml、接種回数は2回です。
(4)3歳から13歳未満の幼児・学童は接種量0.5ml、接種回数は2回です。
(5)13歳以上は接種量0.5ml、接種回数は1回(希望あれば2回)です。 通常1回接種で良いと思いますが、受験生などは念のため、2回接種することも考えられます。
 インフルエンザワクチンは必ず年内に受けましょう。 2回接種の方は1回目を11月に受けて、2回目は4週以上の間隔をあけて、できるだけ年内に終了するようにしてください。

 休診日を利用した『インフルエンザ特別接種日』は三密を避けるために、今年も中止といたします。  基本的な接種期間は11月1日から年末までです。 年内はできるだけワクチンを確保しますが、在庫がなくなり次第、ワクチン接種は終了となります。 あらかじめご了承ください。
 接種料金は1回4000円です。 当日の予約のみ、承ります。 ご希望の方はお電話(0859-47-1234)かweb順番予約でメモに、インフルエンザワクチン希望と入力してください。。 

                         2021年、秋 岡空小児科医院 岡空輝夫
width=1
width=1
width=1
width=1

width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1

関連HP
掲載者
Counter:00137
TEL0859-47-1234 FAX0859-44-2001 お問い合わせはこちら
〒684-0003 鳥取県境港市浜ノ町127番地 岡空小児科医院 ホームへもどる