岡空小児科医院
おしらせ 感染症情報 先生あのね 院長の部屋 医院案内 診察案内 院長挨拶 交通 お問合せ さくいん
▲おしらせ
おしらせ おしらせ
岡空小児科医院からのおしらせ・最新の情報・ニュースなど

こんにゃくゼリーは子どもには危険です!
 こんにゃくゼリー、小児〜乳幼児(高齢者も)には与えないように!


写真 一口サイズのこんにゃくゼリーを食べた7歳の男児2人が3、4月に相次いで窒息死していたことが分かりました。 国民生活センターが先月23日に発表しました。 同センターは「こんにゃくゼリーの安全性が確認できない。 被害が集中している子どもや高齢者はこんにゃくゼリーを食べるのを控えてほしい」と呼びかけています。

 同センターによりますと、3月23日に東海地方の7歳男児が、学童保育でおやつとして提供されたこんにゃくゼリーを食べて窒息死しました。 4月29日には、甲信越地方の7歳男児が祖父母宅でこんにゃくゼリーを食べてのどに詰まらせ、6日後に亡くなりました。

 こんにゃくゼリーは、ダイエットブームを背景に登場した商品で、幅数センチのミニカップや袋に入っているものが多いです。 ほかのゼリーに比べて硬く、弾力性があるため、のどに詰まりやすいのです。

 同センターによりますと、窒息事故は1995年以降、約40件起きています。 特に1995、96年に多発し、1〜6歳の乳幼児5人と60〜80代の高齢者3人の計8人が死亡。 その後、1999年にも40代の女性が死亡しました。 このほか2003年、川崎市内の3歳児が窒息死し、病院の受け入れ態勢をめぐって裁判になった例があります。

 同センターは死亡事故などを受けて1995年10月から昨年11月まで計7回の注意情報を出し、農林水産省や業界団体に改善を要望しました。 メーカーも消費者がよくかんで食べるよう注意表示を分かりやすくしたほか、商品を小さくしたり、形を変えるなどの改善を進めています。

 一方、海外では米食品医薬品局(FDA)が、こんにゃくゼリーの危険性の警告や商品の回収を実施しているほか、欧州連合(EU)も2003年、ゼリー菓子へのこんにゃくの使用を禁止しています。
 同センターの島野康審議役は「日常的に子どもが口にする商品で、これだけ死亡するということは相当の問題です。 今後、さらに調査を進め、改めて業界や行政に改善を要望したい」と話しています。 農水省食品産業振興課は「詳細を調べ、対応を検討したい」としています。

 自分の子どもは自分で守りましょう! 少なくとも自分の子どもには買い与えないようにしましょう! 保育園、幼稚園や小学校での保護者会で、こんにゃくゼリーの危険性を話題にしましょう?
width=1
width=1
width=1
width=1

width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1

関連HP
掲載者
Counter:04974
TEL0859-47-1234 FAX0859-44-2001 お問い合わせはこちら
〒684-0003 鳥取県境港市浜ノ町127番地 岡空小児科医院 ホームへもどる