岡空小児科医院
おしらせ 感染症情報 先生あのね 院長の部屋 医院案内 診察案内 院長挨拶 交通 お問合せ さくいん
▲おしらせ
おしらせ おしらせ
岡空小児科医院からのおしらせ・最新の情報・ニュースなど

新しい禁煙治療法(チャンピックス)
 喫煙は喫煙病(依存症+喫煙関連疾患)”という全身疾患です。 ニコチン依存症の治療はとにもかくにも禁煙です。 明日からきっぱりとタバコをやめられる方は診療所を受診する必要はありません(笑い!)。 自力での禁煙が困難か不安のある方は来院してくださいね。


写真
 喫煙者の多くは、タバコが健康に良くないことは分かっていますが、我慢だけで禁煙してもその半数以上の人が半年以内に喫煙を再開しており、1年後も禁煙を維持しているのは、10%程度であるといわれています。 それほど、ニコチン依存症は強い依存なのです。 自力で辞められないからと言って、意志が弱いと言うことではありません! 気楽にご相談下さい。
width=1
写真
 タバコに対する心理的依存(習慣)、イライラなどの離脱症状を起こすニコチン依存は、自力ではなかなか克服できるものではありません。
 チャンピックス(一般名バレニクリン)はファイザー社により開発されたニコチン受容体(ニコチン性アセチルコリン受容体)に対する部分作動薬です。 ニコチン依存症の形成に寄与している4β2ニコチン受容体に対して高い親和性を有し、脳内に分布するこの受容体に作用することにより、禁煙に伴う離脱症状やタバコに対する切望感を軽減すると同時に、本受容体へのニコチンの結合を阻害することによって、喫煙による満足感を得にくくします。
 以前から、ニコチン製剤を用いて行われてきたニコチン代替療法は、喫煙に代わってニコチンを補充することにより、禁煙に伴う離脱症状を緩和してニコチン依存症から離脱する方法です。
 しかし、ニコチンは血管を収縮させることから血流を阻害し心筋梗塞、狭心症、虚血性心疾患などの病因を作ってしまいます。 もともとが毒性の強いアルカロイド(塩基性物質)ですので、ニコチン代替療法自体が問題点多いものと思われます。 その点、チャンピックスはニコチンを含まない経口薬であり、新しいアプローチからの画期的な禁煙補助薬といえます。 チャンピックスの使用により65.4%の喫煙者が禁煙治療に成功しております。 (服用開始第9〜12週での4週間持続禁煙率)
width=1
写真
『使用方法』
1週:禁煙の開始予定日を決め、その1週間前から服用します。
1日目〜3日目 0.5mg錠を1日1回食後
4日目〜7日目 0.5mg錠を1日2回朝・夕食後
2週:8日目に禁煙を開始します。
8日目〜14日目 1mg錠を1日2回朝・夕食後
1mg錠1日2回の投与を12週まで続けます。
12週以降:一応終了ですが、延長処方も可能です。
 禁煙に成功した患者では長期間の禁煙をより確実にするために、必要に応じて1mg錠を1日2回、12週にわたり延長投与することができます。
24週:治療終了です。 お疲れ様でした!

※ 禁煙開始より12週までは保険診療にてチャンピックスを処方いたします。
※ 禁煙指導が守れなかった場合は途中から自由診療となる場合があります。
※ 12週を過ぎての延長投与は自由診療となります。
※ 禁煙外来は電話で予約のうえ、診療時間内に来院してください。
width=1
width=1

width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1

関連HP
掲載者
Counter:12622
TEL0859-47-1234 FAX0859-44-2001 お問い合わせはこちら
〒684-0003 鳥取県境港市浜ノ町127番地 岡空小児科医院 ホームへもどる