岡空小児科医院
おしらせ 感染症情報 先生あのね 院長の部屋 医院案内 診察案内 院長挨拶 交通 お問合せ さくいん
▲おしらせ
おしらせ おしらせ
岡空小児科医院からのおしらせ・最新の情報・ニュースなど

私たちにできること・・・
 関東東北大震災に際して、私たちに何ができるのか? 考えてみました。  


写真 関東東北大震災につきまして、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
 さて、この未曾有の大惨事に何も被害を受けなかった者として、何かしてあげられないものか?と考えました。 阪神淡路震災の時には当時勤務していた鳥取県立中央病院から派遣され、避難されていた方への医療奉仕をさせていただきました。 開業医となった今では、診療所をお休みにして、かかりつけの子どもたちを放置したまま、医療奉仕するわけにはいきませんので、金銭的な援助しか思い浮かびません。 被害の甚大さから想像するに、一時的な援助では不十分であり、永続的な援助こそが大切ではないかと感じています。
 そこで私に出来ることとして、当院でワクチン接種をしていただくたびに、100円ずつ積み立てて、月末に義援金として振り込むこととしました。 だからといって、当院でワクチンを受けましょうということではありません。 受けつけに募金箱も設けましたので、皆様がたの気持ちも少しだけいただければ、毎月送付いたしますので、ご協力よろしくお願いします。 1接種あたり100円という少額ではありますが、インフルエンザワクチンの接種時期になれば、月に1000接種に迫ることもありますので、1年間トータルすれば数十万円にもなると思います。 この試みを短期間で終わることなく、当院を閉鎖するまで続けようと思います。 10年続ければ、数百万円にもなるはずです。
 私たちにできることは限られてはいますが、何かしら行動に起こしたいと思います。 関東および東北で被災された皆様、ぜひ頑張って下さい。 私たちも心から応援し続けますから・・・
width=1
width=1
width=1
width=1

width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1

関連HP
掲載者
Counter:01972
TEL0859-47-1234 FAX0859-44-2001 お問い合わせはこちら
〒684-0003 鳥取県境港市浜ノ町127番地 岡空小児科医院 ホームへもどる