岡空小児科医院
おしらせ 感染症情報 先生あのね 院長の部屋 医院案内 診察案内 院長挨拶 交通 お問合せ さくいん
▲おしらせ
おしらせ おしらせ
岡空小児科医院からのおしらせ・最新の情報・ニュースなど

すぎ花粉症外来
 すぎ花粉症の舌下免疫療法をはじめます! ご希望の方は何なりとご相談ください!


スギ花粉症外来について
<はじめに>
 スギ花粉症の舌下免疫療法として2014年10月から「シダトレン®」が保険適用となりました。
 この薬剤は、現在処方する医師が限定されており、当院では処方可能です。
 これまでの花粉症に対する免疫寛容療法では皮下注射で週に2回程度の通院が必要です。 また注射のため、毎回痛みが伴います。
 しかし、舌下免疫療法は舌の下に薬液を塗布するのみで、痛みを伴わず、自宅で行うことが可能です。
 ただし、いくつかの注意点(治療期間が長期にわたる、毎日の服用が必要など…)があります。
 下記の説明をよくご覧になって、治療を行うかどうかをご自身で検討して頂くようお願い致します。

<免疫寛容療法とは>
 免疫寛容療法は、減感作療法とも呼ばれ、アレルギーの原因である「アレルゲン」(今回であればスギ花粉)を少量から投与することで、身体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。
 一時的に症状を抑えるだけではなく、根本的にアレルギー症状を治す可能性のある治療法なのです。 
アレルギー疾患のうち、花粉症の他には食物アレルギーなどに対して、同じような治療法が行われています。

<治療の対象となる方>
・12歳以上、65歳未満の方が対象となります。
・スギ花粉症の方が対象となります。
・

下記に示す方は、シダトレン®の投与を行うことができません。

・花粉症の原因がスギ以外の方(下記STEP1で血液検査を行い判定します)

・重症の気管支喘息を合併している方

・毎日、自宅で服用するのが困難である方

・1年以内に転居の予定があり継続受診が困難である方

・妊娠および授乳中の方
・免疫抑制剤を内服中の方

<初診時に持参して頂くもの>
・保険証

・
他院でスギ花粉症の血液検査を既に行っている方は、その検査結果用紙(コピー可)

<治療の流れについて>
 3つのSTEPで治療をすすめて参ります。

STEP1 初回診察検査  STEP2 初回治療  STEP3 継続治療



STEP1 初回診察・検査
 舌下免疫療法に関しての説明(15〜20分程度)および、本当にスギ花粉症かどうかの検査(血液検査)を行います。
 血液検査の結果は数日後に判明します。
その後STEP2へ進みます。
 血液検査でスギ花粉症であることが既に判明している方は、検査は不要ですので同日にSTEP2を行うことも可能です。
 検査結果を忘れずにご持参ください。



STEP2 初回治療
 シダトレン®の初回投与は必ず院内で行います。
 内服を行い30分間経過して大きな副作用などが無いことを確認してその日の診療は終了となります。
 1週間後に再診(STEP3)となります。 次回受診までは自宅で決められた量の内服を毎日行って下さい。



STEP3 継続治療
 定期的に受診して頂き、経過に問題がないかどうかをみます。
 

<スギ花粉症外来の時間帯について>
スギ花粉症外来受付:毎週水曜日の14:00〜と14:30〜の2名のみ


前述のSTEP1およびSTEP2は、一人一人に対しての説明および検査に時間を必要としますので、専用の時間帯で受付を行います。 一般診療及び予防接種の時間帯では行いません。 
また、安全性の確保のためスギ花粉が飛散している時期に新規治療を開始することはできません。

STEP1およびSTEP2は例年6月〜11月末までとなります。 12月以降で治療開始を希望される方は翌年の6月以降になります。
 STEP3以降は診療時間内であればいつでも構いません。

<予約方法について>
・STEP1およびSTEP2は電話受付のみの対応となります。
・
STEP3以降は診療時間内であればいつでも構いませんので、web予約が可能となります。

<最後に>
 毎年スギ花粉症で悩まれている方や今までの治療ではなかなか効果があがらなかった方は一度当院までご相談ください。


width=1
width=1
width=1
width=1

width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1

関連HP
掲載者
Counter:00350
TEL0859-47-1234 FAX0859-44-2001 お問い合わせはこちら
〒684-0003 鳥取県境港市浜ノ町127番地 岡空小児科医院 ホームへもどる