岡空小児科医院
おしらせ 感染症情報 先生あのね 院長の部屋 医院案内 診察案内 院長挨拶 交通 お問合せ さくいん
さくいん さくいん
岡空小児科医院ホームページのごあんないです。

突発性発疹症かな? 岡空小児科医院クリニカルパス(説明書&治療計画書)
 突発性発疹症は、熱が下がって発疹が出るまでは突発性発疹か他の病気で熱が出ているかの判断はできません。 ある意味、小児科医の能力(技量)を測る病気だと思います。


 突発性発疹は生後4ヶ月から2歳くらいまでの赤ちゃんに多くかかる病気で、はじめての発熱が突発性発疹ということも多いようです。 病原体としては、ヒトヘルペスウイルス6型、7型が知られていますが、感染経路についてはまだはっきりわかっていません。 まず、急に38〜40度の高熱が出て、それが3〜4日続きます。 多少下痢気味になることがありますが、せきやくしゃみなどのかぜ症状はみられません。  高熱のためぐったりする赤ちゃんもいますが、熱のわりには比較的機嫌もよく、食欲もさほど落ちないこともあります。 熱が下がる頃から腹部を中心に細かい発疹が出てきて全身へ広がっていきます。 発疹はさほどかゆみがなく、赤ちゃんもそんなにむずがることはありません。 全体的に経過はよく、予後も良好ですが、急に熱が上がるため、ときに熱性けいれんを起こすこともあります。 発疹は2〜3日後に色が薄くなり、徐々に茶色っぽくなり消えていきあとが残ることもありません。 突発性発疹は基本的には自然によくなり、特別な薬は必要ありません。 しかし、実際、熱が下がって発疹が出るまでは突発性発疹か他の病気で熱が出ているかの判断はできません。 ある意味、小児科医の能力を測る病気だと思います。

□ 症状(発熱、鼻水、下痢、まれに“けいれん”)
□ 所見(咽頭発赤、永山斑、呼吸音)
□ 検査(CBC、CRP) 通常は必要ありません!
□ 外来治療の選択
1)無治療(経過観察のみ)
2)風邪薬(ただし、風邪薬服用で病気が早く治るわけではありません)
3)解熱剤(基本的には投与は不要です。 ご希望あれば処方します)
4)その他、抗菌剤(抗生物質)は効きません!

□ 次回受診予定日
 1)
 2)
 
 なお、経過が思わしくない時には、診療時間内であれば、0859-47-1234へ、時間外、夜間、休日などは院長の携帯電話090-3179-4208へお電話下さい。 ただし、携帯電話は外出中や自動車運転中などのため、電話に出られない(出ない)場合もありますので、あらかじめご了承下さい。
また、防犯上の観点から番号非通知設定の場合には対応いたしませんので、よろしくお願いします。
width=1
width=1
width=1
width=1

width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1

関連HP
掲載者
Counter:04446
TEL0859-47-1234 FAX0859-44-2001 お問い合わせはこちら
〒684-0003 鳥取県境港市浜ノ町127番地 岡空小児科医院 ホームへもどる