岡空小児科医院
おしらせ 感染症情報 先生あのね 院長の部屋 医院案内 診察案内 院長挨拶 交通 お問合せ さくいん
さくいん さくいん
岡空小児科医院ホームページのごあんないです。

クリニカルパスとは ?
 クリニカルパスとは、主に入院時に患者さんに手渡される病気を治すうえで必要な治療・検査やケアなどをタテ軸に、時間軸(日付)をヨコ軸に取って作った診療スケジュール表のことです。


 クリニカルパスとは、主に入院時に患者さんに手渡される病気を治すうえで必要な治療・検査やケアなどをタテ軸に、時間軸(日付)をヨコ軸に取って作った診療スケジュール表のことです。 このシステムはアメリカで始まり、日本には1990年代半ばに導入され、現在では広く普及しています。 従来、患者さんに対して行われる医療は、同じ病院でも、担当医師の経験や判断によって違う方針がとられることがありましたが、クリニカルパスを作る際には、それを各病院で標準化することが必要となりました。 各病院でひとつのクリニカルパスを作り上げるためには、医師・看護師をはじめとしたたくさんの医療スタッフが、たくさんの時間を費やして、その病院毎の質の高い医療を追求し、その結果をスケジュール化します。 病気の治療内容とタイムスケジュールを明確にしたことで、患者さんは、その日どんな検査があって、いつ手術をして、いつ頃には退院出来るかということがわかるので、入院生活の不安を少しでも解消できることになります。 また医療スタッフにとっても、どのような医療行為をいつ、誰が行うのか、患者さんへの説明はどのようにするか、ということが明確になるので、チームとしての医療サービスをスムーズに提供できるようになります。 クリニカルパスは患者さんと医療スタッフ両者のための羅針盤の様な役割を果たします。

 外来診療特に小児科外来診療の現場では、疾患自体の多さ、患者自身の重症度が異なる、医師の治療方針の違いそして保護者の要望が多岐にわたるためか、同じ病気でも治療方法が統一されていないのが現状であり、クリニカルパスはほとんど普及していません。 しかしながら、同じような病気・重症度の患者さんが異なった治療法を受けるのはあまり好ましい状況とは言えないと思います。 そこで当院におきましては、完全なクリニカルパスとは言えないかもしれませんが、種々の疾患(症状)に対しての岡空小児科医院小児科外来診療クリニカルパス(説明書&治療計画書)もどきを試作してみました。 当院における外来診療の現場で実際に使用したいと思います。
width=1
width=1
width=1
width=1

width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1
width=1

関連HP
掲載者
Counter:07362
TEL0859-47-1234 FAX0859-44-2001 お問い合わせはこちら
〒684-0003 鳥取県境港市浜ノ町127番地 岡空小児科医院 ホームへもどる